[WordPress]投稿でもテンプレート切り替えられるようになっていた

Pocket

WordPressのバージョン4.7からこんなことが出来るようになっていたのでした。

この記事はこちらの記事の紹介になります。

かいつまんで言うと・・・

今まで「固定ページ」でしか使えなかった 属性「テンプレート」が投稿でも使えるようになった

固定ページでテンプレート切替を行うために、例えば single.php をコピーして
single-item.php とか作ってレイアウト変更出来ていたのですが
カテゴリーや投稿タイプで自動的に適用されていたものの

「投稿」については任意に選ぶということは出来なかったです。(ヨネ?)

それが WordPress 4.7 から出来るようになっていたということなんです。

4.7 といえば・・・・

4.7 で追加された REST API によってログインしていなくてもコンテンツ改ざんできちゃう!!
・・・っていうぜい弱性で大騒ぎになったあのバージョンです。

そこで新機能が結構あったにもかかわらず、よくわからないまま来てしまいました。

こんな機能があったんですよ。 って話しですね。

テンプレート作るときに今まではファイルのヘッダーコメントで

/**
Template Name: LPページ
*/

のように書いていたのです。
それに Post Type が付けられるようになった・・・ということ。

/**
* Template Name: LPページ
* Template Post Type: post,page
*/

こうすると 固定ページだけでなく 投稿ページでも 使えちゃう。
またカスタム投稿タイプも追加しちゃえば良いのです!

/**
* Template Name: テンプレート名
* Template Post Type: 投稿タイプ名(複数の場合はカンマ区切りで追加)
*/

こんな感じ。
便利ですね〜。

こちらも参考にどうぞ。
https://spuit.tech/wordpress/post-type-template/

この記事を書いた人

さとう たけし

Java 技術者だったはずが、いつしかPHPの手先。CodeIgniterでの開発だったはずがWordPressばかりになってます。オリジナルテーブル駆使したりむちゃくちゃなことも対応してますのでヨロピク!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします