WordPress コーディング規約では elseif を使用すること!となっている

WordPress コーディング規約 は 後述する4つの規約があります。

  • CSS コーディング規約 (原文: CSS Coding Standards)
  • HTML コーディング規約 (原文: HTML Coding Standards)
  • JavaScript コーディング規約 (原文: JavaScript Coding Standards)
  • PHP コーディング規約 (原文: PHP Coding Standards)

とくに PHP コーディング規約 これは、通常のPHPコーディング規約より 好きです。

引数の見やすさの部分特に良いと思います。

https://wpdocs.osdn.jp/PHP_%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E8%A6%8F%E7%B4%84

また PHP ドキュメント規約 もすごく勉強になります。

https://wpdocs.osdn.jp/PHP_%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E8%A6%8F%E7%B4%84

この通りコードを書いたらすごく見通しがよいはずなので参考にしてください。

プラグイン審査の時はかなり言われました・・・・英語で・・・・。

elseif を使用すること!!

私、いつも迷うんですよ。

else if なのか
elseif なのか
elsif なのか( perlかっ! )

迷うんですよ!

Perl 〜 Java そのあと PHP やってきたモノからすると わけがわからんw

で・・・私は WordPress コーディング規約に準拠します!! ってことで elseif にしましょう〜。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう